ニュース

楽天が逆転勝ちで再び同率首位に!“絶好調”ロメロが2打席連発の5打点

無断転載禁止
楽天のステフェン・ロメロ (C) Kyodo News
2020.08.07 18:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 7 終了 4 福岡ソフトバンクホークス
楽天生命パーク

指揮官は粘投のエースも評価


 楽天が粘り強い戦いを見せてソフトバンクに逆転勝ちし、再び同率首位に並んだ。

 立ち上がりは楽天の先発・則本昂大がソフトバンクの1番・上林誠知に先頭打者弾を浴び、一死後には3番・柳田悠岐に11号ソロを被弾。3回には四球と暴投で得点圏に走者を背負い、4番・中村晃に適時二塁打を打たれた。

 則本昂は5回にも無死一二塁とピンチを背負ったが、本調子ではない中で「ゲームを作るという先発ピッチャーの役割を果たしてくれた」と三木肇監督も振り返った粘り強い投球で6回3失点のクオリティースタートを達成。すると毎回のように走者を出しながら得点を奪えずにいた打線がエースの粘投に応えた。


全選手を労った三木監督


 6回無死一塁で「まず塁に出てつなぐことを考えて打席に入った」という3番・ロメロが、左翼席に12号2ランを放って1点差とすることに成功。続く7回裏には、先頭の銀次が粘って四球を選び、太田光選手が一発で犠打を成功させる。さらに田中和基も8球目粘って四球を選び、代走で出ていた辰巳涼介はワイルドピッチの間に三塁を陥れた。

 すると一死一三塁で打席に入った1番・小深田大翔が右中間を破る2点適時三塁打で一気に逆転。2番・鈴木大地が死球で出塁すると、「リラックスして打席に入れた」というロメロがソフトバンクの3番手・高橋礼から左翼席に3ランを放り込み、貴重な追加点をチームにもたらした。

 文字通りのラッキー7に一挙5点を奪った楽天がソフトバンクの投手陣を攻略して逆転勝ち。三木監督も「選手全員で最後までしっかりやるというところで、気持ちのこもったプレーと皆の姿勢が良かった」と諦めずに戦い続けた選手たちを称賛。7回の攻撃を例に挙げ、各々の役割を果たした選手一人ひとりにも賛辞を送った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西