ニュース

中日・大野雄大が投打に大活躍!大西氏「気迫みなぎる投球」

無断転載禁止
ガッツポーズする中日・大野雄大 (C) Kyodo News
2020.08.07 18:00
中日ドラゴンズ 7 終了 1 読売ジャイアンツ
ナゴヤドーム
○ 中日 7 - 1 巨人 ●
<7回戦・ナゴヤドーム>

 中日の大野雄大が投打にわたり活躍し、勝利に大きく貢献した。

 ピッチングでは4回に北村拓己に一発を浴びたが、初回から力強いストレートを武器に巨人打線を9回、5安打、10奪三振、1失点に抑え、2試合連続完投勝利。打っても2回二死一、二塁から巨人・田口麗斗のストレートをセンター前に弾き返す先制の適時打を放った。

 東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送された7日の中日-巨人戦で解説を務めた大西崇之氏は、「今日は大野投手の一人舞台というわけではないですけど、最初のタイムリーもこの回0点で終わるんじゃないかというような流れの中で打った先制タイムリー。初回から150キロ連発して、気迫みなぎるピッチングですよね。本当に大野投手に引っ張られた一戦だったと思います」と振り返った。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM