ニュース

井端氏がみた中日・A.マルティネスの打撃力

無断転載禁止
中日のA.マルティネス (C) Kyodo News
 東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送された8日の中日-巨人戦で解説を務めた井端弘和氏が、中日のアリエル・マルティネスの打撃について言及した。

 マルティネスは支配下選手登録された直後は、4試合連続安打を放つなど、打撃で存在感を示していたが、ここへきて一時期の好調が落ちつきつつある印象だ。

 井端氏はマルティネスについて「アウトコースの変化球の見極めができていないぶん、そこばかり攻められてスイングしています」と分析。

 「出だしの頃は自分が狙った球をスイングしたら、ヒットになる前に飛ぶ当たりが多かった。調子が悪くなってくると、狙っているボールがファウルになったりとか、あれっと思っている間にボール球に手を出してというのが目につきますね。そのぶんスイングのキレ、タイミングが遅れたりというのがあるんじゃないかなと思いますね」と話していた。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM