ニュース

中日・ロドリゲス、初登板は7回途中2失点 6回まで快投も初勝利はお預け

無断転載禁止
中日のヤリエル・ロドリゲス
2020.08.09 14:00
中日ドラゴンズ 2 終了 2 読売ジャイアンツ
ナゴヤドーム
中日 2 - 2 巨人
<9回戦・ナゴヤドーム>

 中日の育成出身ヤリエル・ロドリゲス投手(23)が9日、巨人戦(ナゴヤドーム)でプロ初登板初先発。7回途中2安打2失点と好投したが、来日初白星はお預けとなった。

 3日に支配下登録されたばかりのキューバ出身右腕。首位を走る巨人打線を相手に、初回、2番・坂本を二ゴロ、3番・丸は遊ゴロに退けるなど3者凡退スタートを切った。

 その裏、中日は3番・阿部の右越え4号2ランで先制。援護を受けたロドリゲスは2回、先頭の4番・岡本に右翼ポール際へ大ファウルを打たれるも、最後はフルカウントからの低めスライダーを振らせ空振り三振。続く大城は二飛、ウィラーは遊ゴロに仕留め2回までパーフェクト投球を展開した。

 3回は先頭の7番・パーラに鋭いライナーを打たれるも、三塁・高橋がジャンプして好捕。二死後、代打の陽に四球を与えたが、1番・吉川尚を遊ゴロに退けた。4回は2つの四球で初めて得点圏に走者を背負うも、二死後、ウィーラーを遊ゴロ斬り。5回は下位打線を3者凡退に抑え勝利投手の権利を得た。

 6回は先頭の吉川尚を縦に大きく曲がるスライダー、続く坂本は横に大きく曲がるスライダーで連続の空振り三振に仕留めるなど、投球フォームにも変化をつけながら上位打線を3者凡退に退けた。

 6回までノーヒットピッチングで来たが、2点リードの7回に一死から、5番・大城に三塁線を破られる二塁打を許した。続くウィーラーには、スライダーが甘く入り左翼線を破られる適時二塁打。連打を浴び1点を失ったところで降板となった。

 一死二塁で登板した2番手・岡田だったが、パーラに四球を与え打者ひとりで降板。一死一、二塁で3番手・祖父江に火消を託したが、代打・北村に右前打を許し満塁としたあと、同じく代打の亀井に同点となる中犠飛を許した。

 ロドリゲスは6回1/3で86球を投じ、2安打2失点、8奪三振3四球の内容。デビュー戦白星とはならなかったが、今後に期待を抱かせる投球を披露した。

 試合は延長10回で決着がつかず、今季の特例により2-2の引き分け。中日は同一カード3連勝とはならなかったが、首位・巨人との3連戦を2勝1分けで終えた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西