ニュース

西武、4年ぶりの6連敗で今季ワースト借金7…3併殺の拙攻、源田は2失策

無断転載禁止
西武・辻発彦監督
2020.08.12 18:00
埼玉西武ライオンズ 2 終了 6 東北楽天ゴールデンイーグルス
メットライフ
● 西武 2 - 6 楽天 ○
<7回戦・メットライフ>

 連勝した楽天はソフトバンクとの同率首位をキープ。西武は4年ぶりの6連敗で、借金は辻監督就任後ワーストとなる7に膨れた。

 西武にとっては大型連敗を象徴する、投打とも噛み合わない試合展開だった。打線は元同僚の楽天先発・涌井の前に拙攻の連続。3点を追う6回は一死から一、二塁の好機を作ったが、初回に二ゴロ併殺に倒れていた3番・栗山の打席で、フルカウント後にエンドランを慣行。しかし、栗山は涌井のチェンジアップにタイミングを崩され空振り三振。スタートしていた二走・外崎は盗塁失敗となり、この試合3つ目の併殺を喫した。

 6点を追う7回に5番・森の5号ソロ、6番・メヒアの4号ソロで2点を返したが、得点は2者連続ソロによる2点のみ。涌井に開幕7連勝を許した。

 先発の伊藤は、8番・太田に中前適時打、中越え2ランを立て続けに浴び、5回途中7安打3失点で今季初黒星。降板後「調子自体は悪くなかったです。ただ、先制されたタイムリーにせよ、ホームランにせよ、勝負どころで甘くなってしまいました。悔しいです」と振り返った。

 7回の守備では、先頭打者だった1番・小深田の打球を、遊撃・源田が一塁へ悪送球(記録は内野安打+送球エラー)。イニングをまたぎ6回途中から続投した3番手・齊藤大は、このプレーをきっけに3点を失った。源田は続く8回にも先頭打者・太田の打球をファンブル。ここは失点につながらなかったが、名手らしからぬプレーで2失策を記録した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西