ニュース

ブルージェイズ山口俊が7人斬りの好救援!チームは元虎ドリス乱調で延長負け

無断転載禁止
12日、マーリンズ戦で好投した山口俊
● ブルージェイズ 11 - 14 マーリンズ ○
<現地時間8月12日 サーレン・フィールド>

 ブルージェイズの山口俊投手(33)は現地12日(日本時間13日)、マイナー傘下の本拠地・バッファローで行われたマーリンズ戦に救援登板。2回1/3を打者7人で片付けるパーフェクトリリーフを見せた。

 4-11の5回、二死三塁の場面で3番手として登板した山口は、3番・コーリー・ディッカーソンを左飛で打ち取りピンチを切り抜けると、イニングまたぎの6回は中軸を相手にスプリットと149キロのストレートで連続三振を奪うなど三者凡退。続投した7回も2球種のコンビネーションで2三振を含む三者凡退の危なげない投球で、スコアボードにゼロを刻んだ。

 4日のブレーブス戦以来、中7日を空けた久々の登板だったが、この日は2回1/3(31球)を投げて4奪三振、無失点。自身2登板連続のゼロ封ピッチングで、今季の防御率は「9.00」に良化した。

 ブルージェイズは山口の好救援に引っ張られるように、5回以降に7得点を挙げて試合を振り出しに戻すも、延長10回に登板した元阪神のラファエル・ドリスが牽制悪送球も絡んで3安打1四球3失点。今季初黒星(0勝4ホールド)を喫し、チームの借金は「3」となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西