ニュース

広島勢が昨季から3カ月連続受賞!6・7月度の「スカパー!ファーム月間MVP賞」発表

イースタンは育成ルーキーが受賞


 日本野球機構(NPB)は13日、プロ野球6・7月の「スカパー!ファーム月間MVP賞」を発表した。受賞した選手は以下の通り。

【イースタン・リーグ】
▼ 樋口龍之介(日本ハム/内野手・1年目)
成績:18試 率.419(62-26) 本5 点14 盗塁0

 プロ入り1年目の育成ルーキーが、打率・安打数・長打率・出塁率のリーグ四冠。本塁打と打点もリーグ2位という驚異的な成績を残して、堂々の初受賞となった。内野の複数ポジションを守りながら、すっかりチームのクリーンナップに定着。ルーキーイヤーでの支配下登録へ向けて、猛アピールを見せた。


【ウエスタン・リーグ】
▼ 大盛 穂(広島/外野手・2年目)
成績:19試 率.320(75-24) 本1 点6 盗6

 ウエスタンは昨年8月の山口翔、9月の羽月隆太郎に続いて、3カ月連続で広島勢が受賞。昨季終了後に支配下登録された23歳は、今季も開幕からコンスタントに快音を響かせ、リーグ最多タイの24安打を記録。リーグ単独トップの6盗塁を記録するなど、持ち前のスピードも存分に発揮し、リードオフマンとして存在感を示した。


 なお、受賞選手には両リーグから記念品と、スカパーJSAT株式会社から賞金5万円が贈られる。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西