ニュース

楽天、西武に3連勝で首位キープ 早めの継投が奏功、小深田3安打3得点

無断転載禁止
楽天・小深田大翔
2020.08.13 18:00
埼玉西武ライオンズ 4 終了 7 東北楽天ゴールデンイーグルス
メットライフ
● 西武 4 - 7 楽天 ○
<8回戦・メットライフ>

 楽天が敵地で3連勝。貯金を今季最多タイの8とし、ソフトバンクと並び首位の座を守った。

 楽天は4番・浅村の2打席連続適時打、9番・辰己の右越え5号ソロなどで3回までに4得点。しかし、先発の松井が3回6安打3失点で降板し、今季初勝利が遠い左腕は「カウントが苦しくなってストレートを狙われてしまいました。そういうところを修正しないとダメですね」と降板後に振り返った。

 先発が序盤で降板したものの、2番手・酒居が2イニング、3番手・安樂は1イニングと中継ぎがパーフェクト救援。すると1点リードの5回、3番・茂木の右前適時打で5点目を奪うと、7回は5番・ロメロの適時二塁打などで2点を追加した。

 1番に入った小深田は、第2打席から3打席連続安打を放ち3度とも生還。7回には西武バッテリーのミス(記録は平良の暴投)を逃さず悠々と6点目のホームを踏むなど、4打数3安打3得点、1四球1盗塁と攻撃陣を牽引した。

 投手陣は7回、4番手の宋家豪が1点を失ったが、8回以降はシャギワ、牧田が1イニングずつを無失点リレー。酒居が2勝目(1敗)、最後を締めた牧田は移籍後初セーブ目(1勝)をマークした。

 西武はこの日も投打が噛み合わず、今季ワーストを更新する7連敗で借金8。3回途中4失点で4敗目(2勝)を喫した先発・與座は、降板後「力不足です。ゾーンで勝負していくなかであれだけ弾き返されてしまうのは、力のなさだと思います。連敗が自分から始まったので、どうにか今日は止めたいと思ってマウンドに上がりましたが、チームに申し訳ないです」と話した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西