ニュース

首位ソフトバンク、4連勝で今季最多の貯金「8」 大竹が6回途中1失点で今季初星

無断転載禁止
ソフトバンク・大竹(C)Kyodo News
2020.08.13 18:00
福岡ソフトバンクホークス 3 終了 1 オリックス・バファローズ
PayPayドーム
○ ソフトバンク 3 - 1 オリックス ●
<9回戦・PayPayドーム>


 ソフトバンクが前カードからの連勝を「4」に伸ばし、今季最多の貯金「8」。先発の大竹耕太郎が6回途中1失点と好投し、今季初登板で初白星を手にした。

 1点ビハインドの2回、6番・今宮健太の5号ソロで同点に追いつくと、四球で出塁の甲斐拓也を一塁に置いて、1番・周東佑京が右中間を破る適時三塁打を放ち逆転。5回には二死走者なしから3番・中村晃、4番・栗原陵矢、5番・明石健志の3連打でリードを2点に拡げた。

 先発の大竹は初回に山足達也に先頭打者本塁打を浴びるも、「次の打者からは上手く頭を切り替えて投げる事ができました」と、テンポよく投げ込んでゼロ行進。6回二死のピンチで降板となったが、ここは大竹と同じ“1995年世代”の長身右腕・椎野新が、5番・ジョーンズを退ける好救援。終盤3イニングは板東湧梧、モイネロ、森唯斗の無失点リレーで締めた。

 敗れたオリックスは前カードから6連敗。打線は4回から5イニング連続で走者を出すも、あと一本が出ずに初回先頭弾の1点どまり。今季初登板で5回3失点の張奕に1敗目が記録され、チームの借金は「13」まで膨んでいる。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西