ニュース

ダルビッシュ、7回11奪三振1失点で3勝目!6回までノーヒットも初安打がソロ弾に

無断転載禁止
13日、ブリュワーズ戦に登板したダルビッシュ有
○ カブス 4 - 2 ブリュワーズ ●
<現地時間8月13日 リグリー・フィールド>

 カブスのダルビッシュ有投手(33)が13日(日本時間14日)、本拠地で行われたブリュワーズ戦に今季4度目となる先発登板。7回1安打1失点の快投で今季3勝目(1敗)を挙げた。

 初回、二死走者なしから3番・イェリチに死球を与え二盗を許すも、続く4番・ガルシアをカットボールで空振り三振に斬り、立ち上がりのピンチを脱出。2回以降は四球による走者を2人出したものの、150キロ台の速球とカットボールのコンビネーションが冴え渡り、6回までノーヒット、毎回の9奪三振とブリュワーズ打線を圧倒した。

 球数が100球に迫るなか、4点リードの7回もマウンドに上がったダルビッシュは、イニングの先頭・ガルシアからこの日10個目の三振。しかし、続く5番・スモークに内角のスライダーをすくい上げられると、この大飛球が右翼スタンドへ着弾。この試合初めて許したヒットがソロホームランとなり1点を失った。

 それでも、後続は156キロで空振り三振、153キロで左飛に退け、7イニング(104球)を投げきり、1安打、3四死球、1失点の投球内容。奪三振は今季最多の「11」を数える圧巻のピッチングだった。

 カブスは終盤2イニングをサドラー、ウィックのリレーで逃げ切り3連勝。今季13勝3敗で貯金を「10」まで増やし、勝率は驚異の「.813」。ナ・リーグ中地区を首位で独走している。


▼ きょうのダルビッシュ
1回:三振、二飛、死球、三振
2回:三振、三振、四球、ニゴ
3回:中直、遊ゴ、三振
4回:右直、三振、ニゴ
5回:遊飛、三振、四球、ニゴ
6回:三振、三振、中飛
7回:三振、右本、三振、左飛
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西