ニュース

ソフトバンク、柳田が芸術V弾!オリ山﨑福に苦戦もワンチャンス掴み首位キープ

無断転載禁止
ソフトバンク・柳田悠岐 (C) Kyodo News
2020.08.14 14:00
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 1 オリックス・バファローズ
PayPayドーム
○ ソフトバンク 4 - 1 オリックス ●
<10回戦・PayPayドーム>


 ソフトバンクが主砲・柳田悠岐の一発で競り勝ち、今季最長タイの5連勝。首位の座をキープした。

 ソフトバンクは1点を先制されて迎えた初回、リーグ首位打者の2番・柳田悠岐が三塁線を破る二塁打で出塁すると、得点圏打率.522を誇る3番・中村晃が中前へ同点打。いまやホークス打線の“黄金コンビ”ともいえる2人で試合を振り出しに戻す。

 2回以降はオリックス山﨑福を攻めあぐね、なかなかリードを奪えなかったが、先発の東浜が「リズムの悪い投球になってしまいました」と、振り返りながらも5回1失点と粘投。6回以降は津森、川原、高橋、嘉弥真が粘りのリレーでスコアボードにゼロを並べた。

 そして迎えた8回、先頭の7番・明石が四球を選んで出塁すると、犠打で走者を進めて初回以来の得点機。9番・松田宣浩は空三振に倒れたが、1番・上林が四球で繋いで、2番・柳田が右翼ポール際へ決勝の15号3ラン。内角の厳しいボールにも「感触は完璧。いい反応してくれました」と、技ありのアーチを右翼ポール際へかけた。

 9回は森が走者を背負いながらも無失点で締めて、今季13セーブ目(0勝1敗)。8回を無失点に抑えた嘉弥真が今季2勝目を手にした。

 敗れたオリックスは、初回に吉田正の適時打で先制するも、その後のチャンスを物にできず、2試合連続の“スミ1”。最後は好投していた山﨑福が決勝弾を浴びて7連敗となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西