ニュース

ソフトバンク、グラシアルが今季初実戦で適時打!デスパイネは第2打席まで快音なし

無断転載禁止
ソフトバンクのグラシアル

ファーム公式戦で今季初出場


 ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル選手(34)とアルフレド・デスパイネ選手(34)が14日、タマスタ筑後で行われている広島とのファーム公式戦に先発出場。「2番・左翼」のグラシアルは2打席目に右線適時二塁打を放った。

 初回の第1打席は相手先発・山口翔の145キロにどん詰まりの投手ゴロに倒れていたが、3回一死二塁の第2打席、カウント1ボールから真ん中高めに抜けてきた128キロのスライダーを図ったように一塁線へ。復帰初安打は適時二塁打となった。

 なお、「4番・指名打者」のデスパイネは、「中飛」と「遊ゴロ」で第2打席までノーヒット。ともに速球に反応し凡退している。

 両選手はキューバ代表としてオリンピック予選に出場するため3月に離日。予選は中止となったが、故障を抱えていたためにキューバへ一時帰国すると、新型コロナウイルスの影響を受けて、なかなか再来日ならず。7月19日にようやく日本に入国し、この日今季はじめて公式戦に出場している。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西