ニュース

昨夏決勝の再戦は履正社が快勝!国士舘と倉敷商も白星掴む【甲子園交流試合・4日目の結果】

無断転載禁止
履正社が10得点で快勝! (C) Kyodo News

昨夏・決勝戦の再現!


 8月10日(月)、高校野球の聖地・甲子園球場で開幕した『2020年甲子園 高校野球交流試合』も残すところあと3日。残念ながら中止となってしまった春のセンバツに出場が決まっていた32校が、1試合限りの夢舞台に挑む。


▼ 第1試合
履正社(大阪) 10 - 1 星稜(石川)
履|260 000 101|10
星|001 000 000|1

 2019年の夏の甲子園・決勝戦の再現となったカードは、昨夏の覇者・履正社が2ケタ得点の猛打で快勝した。初回に1・2番の連打でいきなり先制点を挙げると、内野ゴロの間にもう1点。さらに2回は4本の適時打を集めて一挙6点と、圧倒的な攻撃力で主導権を握る。

 投げてはエースの岩崎峻典が9回135球の熱投。最後までひとりでマウンドを守り、9回1失点の完投勝利を挙げた。


▼ 第2試合
磐城(福島) 3 - 4 国士舘(東京)
磐|020 001 000|3
国|003 001 00X|4

 国士舘が手に汗握る接戦を制す。先制こそ許したものの、3回に1点を返し、なおもチャンスで水村颯一郎が逆転の適時打。一気に試合をひっくり返す。

 6回に追いつかれるも、直後の攻撃で斎藤光瑠がきっちりと犠飛を打って勝ち越しに成功。投げては中西健登がその1点のリードをひとりで守り、チームを勝利へと導いた。


▼ 第3試合
仙台育英(宮城) 1 - 6 倉敷商(岡山)
仙|000 100 000|1
倉|000 111 30X|6

 倉敷商が投打噛み合い快勝。先制を許すも、鍛え上げられた打線が4~6回に1点ずつを挙げてリードを奪うと、7回には浅野大器の適時打、田村幸哉の2点適時二塁打と中軸の活躍で一挙3点。リードを拡大した。

 投げては福家悠太が4回先頭に二塁打を浴びるまで無失点の好投を見せ、4回無死二塁から登場した永野司は先制点こそ奪われたものの、5回から9回までゼロを並べる好投。狙い通りの継投で逃げ切った。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西