ニュース

パの首位攻防戦は引き分け ソフトB首位キープ、ロッテは楽天に並ばれる

無断転載禁止
ソフトバンク・工藤公康監督
2020.08.19 18:00
千葉ロッテマリーンズ 2 終了 2 福岡ソフトバンクホークス
ZOZOマリン
ロッテ 2 - 2 ソフトバンク
<5回戦・ZOZOマリン>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 1ゲーム差で迎えたパ・リーグの首位攻防第2ラウンドは引き分け。ソフトバンクは首位の座を守り、ロッテは日本ハムに勝利した楽天に同率2位で並ばれた。

 先制したのはソフトバンク。初回、2番・今宮の左越え6号ソロで1点を奪うと、なおも二死一、三塁で、6番・栗原が右前適時打を放ち2点目を奪った。

 ロッテはその裏、先頭の和田が四球で出塁すると、2番・中村奨の中前打で、スタートを切っていた一走・和田が一気に生還。2回は9番・藤岡が右前適時打を放ち2-2の同点に追いついた。

 投げては、早大の先輩・後輩対決となった両先発が粘投。先輩のソフトバンク・大竹は5回5安打2失点。後輩のロッテ・小島は6回途中5安打2失点と、両左腕ともゲームを作った。

 中盤以降は両チームとも救援投手が踏ん張り、バックも好守備で援護。ロッテは10回裏にサヨナラの好機を作ったが、4番・安田の痛烈なライナーをソフトバンクの一塁・明石が好捕。その後、二死満塁とソフトバンクの7番手・板東を追い詰めたが、最後は6番・清田が見逃し三振に倒れた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西