ニュース 2020.08.22. 06:00

オリックス・中嶋監督代行が初陣飾る! 中川4番起用に「打率は関係ない。無敵の中川を見ている」

無断転載禁止
オリックス・中嶋聡監督代行 [写真提供=オリックス・バファローズ]

ミスを恐れるな!


 中嶋聡新監督の下で新たなスタートを切ったオリックスが、投手陣の安定感と不調だったジョーンズの活躍などもあり、見事な逆転勝利を飾った。

 この日から指揮を執った中嶋監督代行は試合前、「ミスを恐れるな」という言葉で選手たちを鼓舞したという。その言葉通り、攻めの投球で好調だった西武打線を翻弄したのが、「しっかりと自分のピッチングをすることを心掛けてマウンドに上がった」先発の山崎福也だ。

 山川穂高に先制ソロを被弾したものの、「立ち上がりからいいテンポで投げられた。全体的には制球もよく、自分らしいピッチングができた」と納得の投球内容で、7回まで被安打2、奪三振7、失点1と試合を作った。

 そんな山崎福の好投に応えるべく、中嶋監督代行が「勝負強いバッター」と評価していた「5番」のジョーンズが、7回無死から、左中間スタンドへ飛び込む同点ソロ。8回に2番手のヒギンスが三者連続三振の快投で流れを作り、一死満塁から再びジョーンズの2点適時打で勝ち越し。9回はディクソンが3人で締め、中嶋監督代行の初陣を白星で飾った。


切り替えと積極性


 試合後、中嶋監督代行は「ホントに疲れました。1日が長かった。もうやるしかないんで、前向いて凡退したら次と、ピッチャーには攻めてくれとそれだけです。選手が良かったです。全員良かったです!」と総括しつつ、試合を作った山崎福や全打点を叩き出したジョーンズに賛辞を送った。

 山崎福については「全然安心して見られました。ホームランを打たれましたけど、それは全然平気。緩急を上手く使えるピッチャーですので、強力打線に怯むことなく、自分のボールをしっかりと放ってくれたと思います」と評価。ジョーンズに関しても「やはり長打が魅力で、劣勢を一発で変えてくれる選手。間違いなく、これぐらいは当たり前の選手なので、特別ビックリするようなことはない」と信頼を示した。


さらなる高みを見据えて


 この日のスタメンで目を引いた中川圭太の4番起用については「期待しかない。無敵の中川を見てますので、そこを出してくれたらいい。今の打率とか関係ないので、新しい中川をと思って使ってます」と期待を寄せる。

 一軍での初勝利に指揮官は「準備期間はなかったけれど、絶対に連敗を止めてやると思っていた。それが出来てよかったです。まだまだ始まったばかり。借金の数を見たら簡単に上の話はできないですけど、そこを目指さないと始まらないので、そこは絶対に行きます」と語り、後半戦での巻き返しを誓った。


 山崎福も「ベンチが明るく、選手同士の会話も多かった」と話をしていたが、ベンチでは二軍からの配置転換となった辻竜太郎打撃コーチが大きな声を張り上げるなど活気に溢れており、明るく元気で楽しい雰囲気のなか野球が出来ていたように見える。まずは西武との残り2試合で勝利を掴み、6連戦の対戦成績をイーブンにしたいところだ。


文=どら増田
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西