ニュース

ソフトバンク、連敗止め再び同率首位 柳田先制2ラン&V打、中村晃3安打!

無断転載禁止
ソフトバンク・柳田悠岐
2020.08.22 17:00
千葉ロッテマリーンズ 2 終了 3 福岡ソフトバンクホークス
ZOZOマリン
● ロッテ 2 - 3 ソフトバンク ○
<8回戦・ZOZOマリン>

 ソフトバンクは連敗を3でストップ。昨季から続いていたZOZOマリンでの連敗も6で止め、ロッテと並び再び首位に立った。

 ソフトバンクは4回、苦手としているロッテ先発・二木に対し、先頭の2番・中村晃が左前打で出塁。続く柳田は3球目の真っ直ぐを捉えると、打球はバックスクリーンを直撃する17号の先制2ランとなった。

 2-2の同点に追いつかれた直後の8回は、ロッテの3番手・ハーマンに対し、再び先頭の中村晃が左前打で出塁。続く柳田は左中間を破る適時二塁打を放ち、一走・中村晃が長躯ホームインを果たした。柳田はチームの全打点を叩き出す活躍。その前を打つ中村晃が4打数3安打とお膳立てした。

 投げては先発の二保が7回途中3安打2失点と好投。1点リードの8回以降はモイネロ、森の必勝リレーで逃げ切り、森は14セーブ目(1敗)、白星はモイネロに付き今季初勝利(1敗1セーブ)をマークした。

 ロッテは2点を追う7回、代打・佐藤の中前2点適時打で追いつくも、直後の8回表に3番手のハーマンが失点。ソフトバンク戦の連勝は5で止まり、ハーマンは移籍後初黒星(3勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西