ニュース

天谷氏、巨人・吉川尚に「1番・セカンドを…」

無断転載禁止
巨人・吉川尚輝
2020.08.22 18:00
広島東洋カープ 10 終了 4 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
○ 広島 10 - 4 巨人 ●
<11回戦・マツダスタジアム>

 22日にニッポン放送で放送された広島-巨人戦(RCCラジオの制作)で解説を務めた天谷宗一郎氏が、巨人・吉川尚輝について言及した。

 この日はベンチスタートで、セカンドの守備から途中出場した吉川尚。5回の第1打席、空振り三振に倒れたあと、天谷氏は「吉川選手に1番・セカンドを守ってもらいたいですよね。そのポテンシャルがあると思いますし、1番にいてくれれば、相手チームに対するプレッシャーを相当与えられると思います」と期待を寄せた。

 吉川尚は8回一死走者なしの第2打席、大瀬良のカットボールをライト前に弾き返す安打で出塁した。天谷氏は「これは大きいですよね。大瀬良投手は4回以降、ピッチングスタイルを変えて、いろんな球種を散りばめて打たせて取る投球ですよね。そこからジャイアンツ打線は術中にはまっているんですけど、吉川選手は自分の打つべき球を待っていましたよね」と分析していた。

 吉川尚は9回の第3打席は四球を選び、この日は2打数1安打1四球だった。昨季は開幕から打撃好調で打率.390をマークしたが、故障で離脱。今季は開幕から一軍でプレーしているものの、打撃の状態があがらず、ベンチスタートの日もあり、この日は若林晃弘がセカンドでスタメン出場していた。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM