ニュース 2020.08.25. 11:00

火曜は3連勝中のロッテ! 先発の美馬、勝てていない古巣戦に向け「流れを止められるように」

無断転載禁止
ロッテ・美馬学

3カード連続勝ち越し中


 現在3カード連続勝ち越し中のマリーンズは、25日から敵地・楽天生命パークで楽天との3連戦に臨む。前カードのソフトバンク戦までは同一カード6連戦だったが、今カードから再び昨季までと同じように同一カード3連戦の戦いとなる。

 日本ハム、ソフトバンクとのホーム12連戦では、7勝4敗1分と勝ち越し、3つの貯金を作り出した。8月20日の試合後には7月3日以来となる首位に返り咲き、翌日には8月では50年ぶりとなる“単独首位”にもなった。

 現在は連敗中で再び2位に後退したが、23日の試合では9回にソフトバンクの守護神・森唯斗を攻め立てて2点を奪うなど、簡単には終わらない意地も見せている。楽天生命パーク、京セラD大阪と続くビジター6連戦をいい形で乗り切るためにも、楽天戦の初戦は確実にものにしたいところだ。


楽天戦の防御率9.00


 先発は楽天からFA移籍で加入した美馬学。今季9試合に先発し8試合で5イニング以上投げているが、唯一5イニング以上投げられなかったのが7月28日古巣・楽天戦だ。

 同試合、チームは中村奨吾のサヨナラ押し出し死球で乱打戦を制したが、先発した美馬は4回1/3を投げ、10安打、6失点という内容。今季の楽天戦の登板を見ても、2試合に先発しているが、0勝1敗、防御率9.00と苦しんでいる。

 特に前回対戦で適時二塁打を打たれた鈴木大地には昨季3本の本塁打を浴び、今季もここまでの対戦打率が「.571(7打数4安打)」と打たれている。鈴木をしっかりと抑えて、浅村栄斗、島内宏明、ロメロといった後続を迎えたいところだ。

 美馬は「楽天戦で勝てていない。このままだと僕も嫌なイメージが付いてしまいますし、相手もいいイメージで来ると思うので、その流れを止められるようにしたいです。とにかく全力で頑張ります!」と悪い流れを断ち切ることを誓った。

▼ 美馬の今季楽天戦成績
・7月5日(楽天生命パーク)
負 5回2/3 109球 安9 振4 四死4 自責4

・7月28日(ZOZOマリン)
- 4回1/3 94球 安10 振4 四死1 自責6

火曜日はチーム3連勝中


 楽天戦の相性はいまひとつだが、美馬の登板日がカード頭の火曜日に変更となった7月14日の日本ハム戦以降、火曜日の試合は4勝1敗1分。7月28日の楽天戦から火曜日は引き分けを挟んで3連勝中だ。ちなみに石川歩が投げる金曜日も4連勝中と、実績のある2人がチームに勝利を呼び込む投球を披露していることがチームの状態の良さにつながっている。

 美馬は春季キャンプ中、若い投手陣が多い中で「お手本でいられるようなピッチャーでいたい」と話し、マリーンズのユニホームで「優勝がしたい。そのなかでしっかり自分が仕事をして優勝できたら」と決意を述べていた。

 小島和哉、岩下大輝と、水曜日、木曜日に投げることの多い若手先発投手にいい流れでバトンを渡すためにも、お手本となるような投球術を見せ、今夜もチームに白星をもたらしてもらいたい。

▼ 今季の火曜日成績
6月23日 ○ 6x - 5 vsオリッックス(ZOZOマリン)
6月30日 ● 4 - 15 vs楽天(楽天生命パーク)
7月 7日 ○ 8 - 6 vs西武(ZOZOマリン)
7月14日 ○ 5 - 2 vs日本ハム(札幌ドーム)
7月21日 ● 3 - 8 vs西武(メットライフドーム)
7月28日 ○ 13x - 12 vs楽天(ZOZOマリン)
8月 4日 △ 5 - 5 vsオリックス(京セラD大阪)
8月11日 ○ 3 - 1 vs日本ハム(ZOZOマリン)
8月18日 ○ 6 - 4 vsソフトバンク(ZOZOマリン)

文=岩下雄太
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西