ニュース

江本氏、巨人・高梨は「ピッチングを知っている」

無断転載禁止
楽天とのトレードで巨人に加入した高梨 (C) Kyodo News
2020.08.26 18:00
東京ヤクルトスワローズ 5 終了 12 読売ジャイアンツ
神宮
● ヤクルト 5 - 12 巨人 ○
<12回戦・神宮>

 26日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、巨人・高梨雄平の強みについて語った。

 高梨は4-5の5回無死二塁の場面でマウンドにあがると、青木宣親を空振り三振、村上宗隆に四球を与えたが、代打・西浦直亨を初球のインハイストレートでストライクをとると外角のツーシームで右飛に打ち取った。

 江本氏は西浦を打ち取った後に「ピッチングを知っていますよね。外を投げているんですけど、バッターも分かっていながらも、ちょっとタイミングがズレるんですよね。インコースに投げられる効果、右、左にもインハイのボールを絶対に有効だということをピッチングのひとつのコツとして、自分のなかにあるんでしょうね」と褒めていた。

 続くエスコバーを三ゴロに打ち取りピンチを脱出すると、逆転してもらった2イニング目の6回は先頭の山崎晃大朗をインコースストレートで空振り三振、中村悠平に四球も代打・荒木貴裕を空振り三振、一塁走者・中村の盗塁失敗でこのイニングもスコアボードに0を入れた。

 高梨は連続無失点を15試合に伸ばすとともに、6回表に逆転したこともあり移籍後初勝利を手にした。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM