ニュース

巨人・戸郷、5回無失点で7勝目も佐々木氏「変化球の制球が…」

無断転載禁止
巨人の戸郷翔征
2020.08.27 18:00
東京ヤクルトスワローズ 2 終了 5 読売ジャイアンツ
神宮
● ヤクルト 2 - 5 巨人 ○
<13回戦・神宮>

 巨人の戸郷翔征は、5回を投げ99球、4安打、4奪三振、5四死球、無失点で今季7勝目を挙げた。

 無失点に抑えたが、戸郷は毎回走者を背負う苦しいピッチングだった。特に1-0の3回は二死走者なしから変化球が決まらず青木宣親、山田哲人、村上宗隆に三者連続四球を与え満塁のピンチを招く。続くエスコバーに対し3ボール1ストライクとボールが先行したが、遊飛でなんとかピンチを切り抜けた。

 27日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた佐々木主浩氏は戸郷について「コントロールですよね」と話し、「変化球のコントロールが最後までつかなかったですね」と課題点を挙げていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM