ニュース

福岡大大濠・山下、シート打撃で最速150キロ、3奪三振!

 プロ野球志望高校生合同練習会が30日、西日本会場である阪神甲子園球場で行われた。

 福岡大大濠高の山下舜平大がシート打撃に登板し、打者5人と対戦して3奪三振、最速150キロを記録した。

 合同練習会を終えて山下は「緊張していたが、終わって一安心」と充実の表情。

 合同練習会に参加を決意した経緯に「アピールするしかないと思ったので、独自大会が終わった後、参加を決めました」と説明した。

 今日の投球には「三振も3つ。カーブに助けられた」と振り返った。その一方で球の質について「納得はいかなかったです。課題は残りました」と明かした。甲子園でのマウンドには「気持ちよかったです。甲子園は初めてきたのですが、入った瞬間とても感動しました。マウンドからの景色も感動しました。投げやすかったです」と話した。

 また、大学生に二塁打を打たれた場面には「3ボール1ストライクからまっすぐを張られていた。まだまだだと思った」と反省することを忘れなかった。

(取材=ニッポン放送大泉健斗アナウンサー)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM