ニュース

真中氏、現状のセ・リーグの戦いに「ジャイアンツにとっては…」

無断転載禁止
8月30日終了時点のセ・リーグ順位表
 8月30日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-ヤクルト戦(東横シリーズ)』で解説を務めた真中満氏が、セ・リーグについて言及した。

 同日に行われた巨人-中日戦で首位・巨人が勝利し、DeNA-ヤクルト戦で2位・DeNAがヤクルトに敗れ、首位・巨人と2位・DeNAのゲーム差が5.5に広がった。

 ちなみに、2位・DeNAから最下位・ヤクルトまで5.0ゲーム差。真中氏は「2位以下が潰し合いになりますよね。ジャイアンツにとっては願ってもない展開ですよね」と分析。

 真中氏は「あとはローテーションを無理やり変えてジャイアンツに当てるというのは、投手のコンディションもありますので、簡単にはいかないですよね。その辺をうまくどう考えて戦っていくかということが今後大事になっていきますよね」と話していた。

 今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響でプロ野球の開幕が遅れ、試合数も例年の143試合から120試合に減少。セ・リーグは今季、クライマックスシリーズを開催しない。リーグ優勝したチームが、日本シリーズ進出となる。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM