ニュース 2020.09.01. 21:26

江本氏、1回無失点の巨人・デラロサに「いいリリーフだった」

無断転載禁止
巨人のデラロサ(C)Kyodo News
2020.09.01 18:00
読売ジャイアンツ 3 終了 2 横浜DeNAベイスターズ
東京ドーム
○ 巨人 3x - 2 DeNA ●
<10回戦・東京ドーム>

 巨人の守護神・デラロサが勝利を呼び込む好リリーフを見せた。

 前回登板の中日戦では3つの四球を与えながらも無失点に抑えセーブを挙げたデラロサは、2-2の9回から登板。先頭の倉本寿彦を154キロのストレートで空振り三振に仕留めると、大和を遊ゴロ、嶺井博希を見逃し三振に打ち取り、三者凡退で抑えた。すると、その裏無死満塁から吉川尚輝が適時打を放ちサヨナラ勝ち。デラロサに今季初白星がついた。

 1日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、登板前にデラロサについて「腕の振りは悪くないんですけど、下が使えないので、棒立ちで上体だけで投げる。決まらないとボールがバラけますよね」と厳しいコメントをしていたが、試合後には「今日はいいリリーフだった」と評価。「デラロサが私の期待に反して3人で終わったので、ジャイアンツの流れに呼び込みましたよね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM