ニュース

清原氏、日本で一番の4番打者は「鈴木誠也選手だと思います」

無断転載禁止
「プレミア12」で大会MVPに輝いた広島の鈴木誠也
 現在放送中の「ニッポン放送 ショウアップナイタースペシャル佐々木主浩と清原和博の『みんなのプロ野球!』」に出演している清原和博氏が、日本で一番の4番打者に広島・鈴木誠也を挙げた。

 清原氏は鈴木について「日本で一番の4番バッターは鈴木誠也選手でしょうね。年間通して体も強いですし、去年も(プレミア12の)日本の4番打者としてあれだけの成績を残した。4番でずば抜けているのは、鈴木誠也選手だと思います。また、チームが低迷しているなかで、あれだけの数字を残している。4番は勝負にこだわるので、なかなか集中するのが難しい中で、成績を残している。また年々進化していますよね」と評価した。

 巨人で不動の4番を務める岡本について清原氏は「ジャイアンツの岡本くんはチームの調子が良いですよね。岡本選手の前に坂本選手、丸選手がいるので、ピッチャーがクタクタになってきたところに、岡本くんにくる。2人の存在は大きいと思いますよ」と丸、坂本の存在が大きいと分析した。

 また、今季は村上宗隆(ヤクルト)、安田尚憲(ロッテ)といった若い選手も4番を務めている。清原氏は、「これから本物の4番になっていくと思うんですけど、まずは4番に抜擢されること。“あいつが打てなかったら仕方がない”とファンの皆さんから言われるのが4番バッター。4番の責任としては、自分が打てなかったらチームが負けてしまう。そういう責任をもって打席に入らないと、4番としての責任は果たせない。4番打者としての自覚は年齢を重ねることで出てくる。これからでしょうね」とエールを送った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM