ニュース

ツインズ逆転サヨナラ勝ち 前田は7回途中3失点、白星逃すも5連勝に貢献

無断転載禁止
本拠地でのタイガース戦に先発登板したツインズの前田健太
○ ツインズ 4x - 3 タイガース ●
<現地時間9月5日 ターゲット・フィールド>

 ツインズの前田健太投手(32)が5日(日本時間6日)、本拠地で行われたタイガース戦で今季8度目となる先発登板。先頭打者弾を浴びたあと18打者連続アウトの快投を見せたが、7回途中3失点で今季5勝目とはならなかった。ツインズは9回裏に逆転サヨナラ勝ち。連勝を5に伸ばした。

 前田は初回、先頭のレイエスに2球目のスライダーを右翼席へ運ばれいきなり失点。それでも、3番・カブレラ、4番・カンデラリオを連続三振に仕留めるなど、後続3人をピシャリと封じた。

 2回以降は真っ直ぐのキレ、変化球の精度ともに抜群で快調にアウトを量産。2回から6回まで5イニング連続3者凡退を記録し、初回に先頭打者弾を浴びたあとから18打者連続アウトを記録した。

 しかし1-1の同点で迎えた7回、先頭の2番・スクープにこの試合初の四球を与えると、続くカブレラには左前打。無死一、三塁のピンチを招き、勝利投手の権利を得られずマウンドを降りた。

 リリーフしたクリッパードがいきなり3連打を浴び、前田は6回0/3で91球、2安打3失点、8奪三振1四球の成績。今季6度目のクオリティ・スタート(6回以上、自責点3以下)をマークしたものの、ソロ被弾も含め許した走者をすべて本塁に還される結果となり防御率は2.77となった。

 ツインズは2-3と1点を追う9回、5番・サノの左前適時打で同点に追いつくと、最後は7番・バクストンの遊撃への適時内野安打でサヨナラ勝ち。連勝を5に伸ばし、貯金を9とした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西