ニュース

江本氏、阪神の守備陣に「同じことをやっている」

無断転載禁止
3回巨人一死満塁、松原の中飛を近本が本塁へ悪送球。先制の生還を許す=甲子園(C) Kyodo News
2020.09.07 18:00
阪神タイガース 2 終了 3 読売ジャイアンツ
甲子園
● 阪神 2 - 3 巨人 ○
<13回戦・甲子園>

 7日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、阪神の守備陣に苦言を呈した。

 この日、0-0の3回一死満塁からセンターの近本光司が、松原聖弥が放ったセンターへの飛球をキャッチし、ホームに送球するも悪送球となり、その間に三塁走者の生還を許した。

 この守備に江本氏は「考えられるのは、おそらく少し手が滑ったんでしょうね。それとあの位置だったら走ってこないですよ。焦ることはなく、カットプレーでいいんですよ。ホームにいい球投げようとして掴み損ねているんですよね。掴み損ねたまま投げてしまった。こういうところがタイガースの欠点のひとつ」と解説。

 4回にも遊撃手の木浪が岡本の打球を失策。この失策でチーム失策数51となった。江本氏は「失策数を解消しないと、チーム力があがらないと今年のシーズン前も言ったんですけど、何も解消されていないですよね。同じことをやっている」と厳しかった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM