ニュース

阪神、大山が2発6打点も…7点リード守れず痛恨ドロー、首位巨人と9差

無断転載禁止
阪神・大山悠輔
2020.09.08 17:45
横浜DeNAベイスターズ 7 終了 7 阪神タイガース
横浜
DeNA 7 - 7 阪神
<13回戦・横浜>

 阪神は5回まで7-0と大量リードも、6回に一挙7点を失い痛恨の引き分け。中日に勝利した首位・巨人とのゲーム差は9に開いた。

 阪神は初回、5番・大山が16号グランドスラムを右翼席へ運び4点を先制。3回にも再び大山が、17号2ランをバックスクリーンに運び6-0とリードを広げた。5回には4番・サンズが、16号ソロを右翼席へ運び7点目。中軸の一発攻勢で試合の主導権をつかんだ。

 先発のガルシアは5回まで無失点。しかし7点リードの6回、先頭からの2者連続四球でピンチを作り、3番・ソトに左翼線への適時二塁打、4番・佐野には右越え3ランを浴び4点を失った。

 さらに続く宮崎、倉本にも連打を浴び、再び無死一、二塁のピンチを招き降板。2番手・能見が代打・中井に右前適時打を浴び5失点目。3番手・岩貞は坂本の捕逸で6点目を失ったあと、2番・大和に中前への同点適時打を浴びた。

 結局ガルシアは、6回途中7安打6失点(自責点5)で3勝目とはならず。7回以降は救援陣が踏ん張り得点を許さなかったが、打線も6回以降はDeNA救援陣に封じられ、勝ち切ることができなかった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西