ニュース

山本昌氏、井端氏が語る巨人・吉川尚の理想の打順

無断転載禁止
巨人・吉川尚輝
 8日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 中日-巨人戦』で解説を務めた山本昌氏、井端弘和氏が、巨人・吉川尚輝の打順について言及した。

 同試合で実況を担当した山田透アナウンサーが「吉川尚輝は1番がいいのか、6番、7番でいいのか、いかがでしょうか?」と質問すると、山本昌氏は「私は上位で打たせたいですね」と即答。

 山本昌氏は「もう少し打率があがってきて、四球が取れるようになれば1番か2番を打たせたいですね。守備は守備範囲が広くて、しっかりしたものをもっています。打率と出塁率があがれば、上の方が面白いことは面白いと思いますけどね」とコメントした。

 一方、井端氏は「昨年も1番でスタートしてすぐ離脱しましたけど、そのときに4割近く打っていましたので、そのイメージはあったと思います。吉川選手が1番あたりを打ってくれて、塁に出てくれれば足もある」と自身の見解を述べた。

 開幕直後は1番を打っていたが、現在は7番や8番で出場している。それでもこの日も猛打賞を達成するなど、3試合連続で複数安打を放っている。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM