ニュース

山崎武司氏、中日の3回の攻撃に「走ってもいいんですけど…」

無断転載禁止
中日・与田剛監督
2020.09.09 18:00
中日ドラゴンズ 4 終了 5 読売ジャイアンツ
ナゴヤドーム
● 中日 4 - 5 巨人 ○
<17回戦・ナゴヤドーム>

 9日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 中日-巨人戦』で解説を務めた山崎武司氏が、中日の3回の攻撃について苦言を呈した。

 中日は0-2の3回、先頭の木下拓哉の第1号ソロで1点を返し、一死後、大島洋平が左安で出塁する。大島は平田の打席中に二塁盗塁を試みるも、タッチアウト。

 この盗塁失敗に山崎氏は「走ってもいいんですけど、余裕のアウトはないですよね。この辺りなんですよね」とチクリ。

 大島の盗塁失敗後、平田良介がレフトフェンス直撃の二塁打。山崎氏は「ちょっとチグハグですよね。この辺りがチームが低迷しているところになってしまいますよね。走るなということではないんですけど、あのスチールではチームの士気が下がってしまうというか…」と話していた。

 平田が二塁打で出塁するも、続くアルモンテが中飛に倒れ、この回は木下のソロによる1点のみだった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM