ニュース

巨人・サンチェス、7回1失点 真中氏「これだけ投げられれば…」

無断転載禁止
巨人・サンチェス (C) Kyodo News
2020.09.10 18:00
中日ドラゴンズ 2 終了 2 読売ジャイアンツ
ナゴヤドーム
中日 2 - 2 巨人
<18回戦・ナゴヤドーム>

 巨人の先発・サンチェスは、7回を1失点に抑えた。

 サンチェスは毎回のように走者を出しながらも、4回に平田良介に浴びた適時打の1失点のみ。7回を投げて96球、6安打、1四球、6奪三振、1失点という投球内容だった。

 10日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 中日-巨人戦』で解説を務めた真中満氏はサンチェスの投球に「細かいコントロールはないんですけど、低めに丁寧に投げた投球で、ランナーを出しながらも最少失点で抑えた。これだけ投げられれば十分だと思います」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM