ニュース

広島、接戦制し連勝 森下7回1失点でチームトップ6勝目、菊池涼V打

無断転載禁止
ヤクルト戦に先発した広島・森下
2020.09.10 18:00
広島東洋カープ 2 終了 1 東京ヤクルトスワローズ
マツダスタジアム
○ 広島 2 - 1 ヤクルト ●
<11回戦・マツダスタジアム>

 広島は引き分けを挟み2連勝。5カードぶりの勝ち越しで借金を7に減らした。ドラフト1位の先発・森下が7回5安打1失点の好投。チームトップの6勝目(2敗)を挙げた。

 4日のDeNA戦(マツダ)でプロ最短の3回5失点(自責点3)で降板した森下。この日はプロ入り後初となる中5日で、今季11度目の先発マウンドに上がった。初回、二死から一、二塁のピンチを招くも、5番・塩見を二ゴロに退け無失点スタート。2回以降はテンポ良くアウトを重ね打線の援護を待った。

 1点リードの6回、先頭の2番・坂口に同点の右越えソロを浴びるも、続く山田、村上、塩見を3人斬り。7回は3つのアウトをすべて三振で奪い、7回109球、5安打7奪三振1失点の好投でマウンドを降りた。

 打線は4回、4番・鈴木誠、5番・松山、6番・長野の3連打で先制。同点の7回は先頭の代打・大盛が二塁打でチャンスメイクし、一死三塁後、2番・菊池涼が決勝点となる適時二塁打を三塁線に運んだ。

 1点リードの8回以降は、ケムナ、フランスアが無失点リレー。森下は大瀬良(5勝4敗)を抜きチームトップの6勝目、このカード3連投となったフランスアは8セーブ目(1勝2敗)をマークした。

 ヤクルトは7カード連続の負け越しで今季ワーストを更新する借金11。同点の7回に決勝打を浴びた3番手・マクガフが今季初黒星(3勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西