ニュース

楽天・岩見、プロ初安打が初本塁打 3年目で待望の一撃「長かったです」

無断転載禁止
2017年のドラフト2位で楽天入りした岩見(C)KYODO NEWS IMAGES
2020.09.10 18:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 2 終了 9 福岡ソフトバンクホークス
楽天生命パーク

初球のカーブを強振、左翼席へ先制ソロ!


 楽天の岩見雅紀外野手(26)が8日、ソフトバンク戦(楽天生命パーク)に「7番・指名打者」で今季初スタメン。2回の第1打席にプロ初安打初打点となる1号ソロを放った。

 岩見は0-0で迎えた2回、先頭打者としてソフトバンク先発・東浜と対峙。初球のカーブを力強く振り抜くと、打球は左翼席へ着弾する先制ソロとなった。背番号38は笑顔でダイヤモンドを一周。今季初のスタメン起用に応えた。

 岩見は滋賀・比叡山高、慶大を経て2017年のドラフト2位指名で楽天入り。1年目の2018年は一軍で12試合に出場したが、24打席を消化し無安打。昨季は一軍での出番は1試合もなかった。

 今季はイースタン・リーグで35試合に出場し、打率.325、7本塁打、21打点を記録。8日に今季初の一軍昇格を果たし、待望の一撃について「長かったです。ずっと応援してくれている両親・祖母に伝えたいですね」とコメントした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西