ニュース

ツインズ前田、7回無失点の快投で5勝目 投手3冠ビーバーとの投手戦制す

無断転載禁止
インディアンス戦に先発登板したツインズの前田健太
○ ツインズ 3 - 1 インディアンス ●
<現地時間9月11日 ターゲット・フィールド>

 ツインズの前田健太投手(32)が11日(日本時間12日)、本拠地でのインディアンス戦に先発登板。7回4安打無失点の快投で5勝目(1敗)を挙げた。

 降雨により約40分遅れで試合開始。相手先発はここまで7勝0敗、防御率1.25、94奪三振と主要3部門でメジャートップを独占する右腕のビーバーだった。投手戦が予想される中、前田はこの日も初回から安定した投球を披露。2回、3回はいずれも3者凡退で終え、2回裏に味方打線が2点を先制した。

 4回以降は走者を背負う投球が続いたが、要所を締め勝利投手の権利をゲット。6回は先頭打者を出したが素早い牽制でアウトを奪い結果3人斬り。7回も先頭を四球で歩かせたが、次打者を三ゴロ併殺打に仕留めピンチの芽を摘んだ。

 前田は7回94球、4安打無失点、7奪三振2四球の内容で降板。インディアンス打線に二塁ベースを踏ませぬ快投で防御率を2.43とした。

 ツインズ打線は2本塁打で難攻不落のビーバーから3得点。前田の力投でインディアンスとの同地区上位対決を制し、ビーバーに今季初黒星をつけた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西