ニュース

日本ハム・飯山コーチが新型コロナ陽性 11日の試合はベンチ入りを見合わせ宿舎に待機

無断転載禁止
日本ハムの飯山裕志内野守備コーチ

無症状で体調の異常もなし


 日本ハムは12日、所属する飯山裕志内野守備コーチ(41)が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表した。


 11日(金)の仙台移動後、飯山コーチが「家族が発熱を訴えている」と球団に申告。本人に異変はなかったものの、大事を取ってその日のゲームではベンチ入りを見合わせ、宿舎内で過ごす措置が取られていた。

 このことをNPBに報告した後、検査機関でPCR検査を受検したところ、12日(土)の16時に陽性の判定が。なお、家族のPCR検査の結果は陰性だったという。


 今後については、飯山コーチ自身が無症状であり、体調に異常も見られないことから、保健所の指導のもと、陰性と判定が出るまでは経過観察となる見込み。

 また、あわせてコーチの行動履歴から濃厚接触者の特定を行っている最中で、チーム内には新型コロナウイルス感染症や風邪といった症状を訴える選手・スタッフは出ていないものの、12日中に仙台遠征に帯同している全員がPCR検査を受けることになっているという。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西