ニュース

桑田氏が燕・青木“らしくない”と感じた場面とは…

無断転載禁止
ヤクルト・青木宣親
 12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』でゲスト解説を務めた桑田真澄氏が、ヤクルトの青木宣親の“らしくない”プレーについて言及した。

 『2番・レフト』で先発出場した青木は、初回無死一塁の第1打席、中飛に打ち取られる。桑田氏は「青木君の打席ですごく気になったのは、センターフライを打ったのですが、バットをもったまま、ファーストに走っていないんですね。青木君らしくないですよね。チームリーダーですから、若い選手が見ていますので、ああいう姿を見せるべきではないと思いますね。チームがここにいるのも、そういうこともあると思うんですね。丸君も落とす確率はゼロではないですからね。ファーストまで走るべきですよね」と指摘した。

 続く山田哲人も右邪飛に打ち取られた後も、桑田氏は「これも走っていないですよね。万が一ギリギリのところですから、走っておくべきですよね。山田君は若いので、若いうちにああいうプレーをしているのは良くないですね」と話した。

 同じく解説を務めた川相昌弘氏は「フェアかファウルのギリギリのところですから、もちろん外野手が捕るでしょうけど、最低限のことはやる必要がありますね」と厳しかった。

 さらに、山田が4-4の7回無死一塁の打席で右飛に倒れたときにも桑田氏は「これもみてください。一塁までいかないですからね。いい選手だからこそもったいないです」と話し、「野球少年、少女がみている。一番残念なのは、山田選手がしているんだからとなってしまいますよね。良くないですね」と苦言を呈した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM