ニュース 2020.09.14. 10:21

レッズ秋山が「1番・左翼」でマルチ安打! レイズ筒香もヒットを記録し、マリナーズ平野は連投で1回無失点

無断転載禁止
レッズ・秋山翔吾選手
● カージナルス 5 - 10 レッズ ○
<現地時間9月13日 ブッシュ・スタジアム>

 レッズの秋山翔吾選手が13日(日本時間14日)、敵地で行われたカージナルス戦に「1番・左翼」で先発出場。マルチ安打を記録し、チームも逆転勝利を収めた。

 秋山は初回の第1打席、内角の難しいボールを引っ張って右翼線に運んで二塁打を放ち1番打者としての役割を果たしたが、後続が続かず得点には結びつかなかった。

 2点を追う3回の第2打席は、無死一塁で三ゴロを放ち、二塁封殺となるも走者として残り、3番・ボットのヒットで三進、スアレスの二塁打で追撃のホームを踏んだ。続く4回の第3打席は二死走者なしの状況から左安打で出塁し、マルチ安打をマークした。

 その後は、6回の第4打席が一死一二塁の得点機で空振りの三振、チームが勝ち越して迎えた7回の第5打席は二死三塁で一ゴロに倒れ、9回には二死走者なしで6度目の打席へ。一塁線を破るかと思われた打球は一塁手に好捕され、3安打目とはならなかった。


● レイズ 3 - 6 レッドソックス ○
<現地時間9月13日 トロピカーナ・フィールド>

 レイズの筒香嘉智選手は本拠地で行われたレッドソックス戦に「8番・指名打者」としてフル出場し、6回の第3打席にレフトオーバーの二塁打を放った。筒香は第2打席にもセンターに鋭い打球を飛ばしたが、これは好捕され、4打数1安打。チームは3-6で敗れた。


● ダイヤモンドバックス 3 - 7 マリナーズ ○
<現地時間9月13日 チェース・フィールド>

マリナーズの平野佳寿投手は、敵地でのダイヤモンドバックス戦に救援登板。前日に続いて4点リードの9回に登板し、1安打を許したものの無失点で締め、チームの勝利に貢献した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西