ニュース

オリックス・大下がプロ初打席初本塁打! 102番背負い衝撃デビュー

無断転載禁止
プロ初打席で3ランを放ち笑顔のオリックス・大下=ほっともっと神戸
2020.09.15 18:00
オリックス・バファローズ 5 終了 1 東北楽天ゴールデンイーグルス
ほっと神戸

満点のフルスイング!


 オリックスの大下誠一郎選手(22歳)が15日、ほっともっとフィールド神戸で行われている楽天戦に「8番・三塁」でプロ初出場初スタメン。プロ初打席で左翼席へ飛び込む1号3ランを放ち、豪快なデビューを果たした。


 この日は「THANKS KOBE ~がんばろうKOBE 25th~ supported by 岡畑農園」と銘打ち、1995年当時のブルーウェーブ復興ユニフォームを着用して臨む一戦。14日に支配下登録されたばかりの大下は、新背番号「40」のユニフォームの準備が間に合わず、山岡打撃投手の背番号「102」を借りて出場。全力疾走で三塁のポジションにつき一軍デビューを飾った。

 巡ってきたプロ初打席は2回、1-1に追いつき、なおも一死一三塁の押せ押せムード。相手先発・辛島航の低めのボールを冷静に見極めカウント3-0とし、変化球を2球続けられて3-2。フルカウントからの6球目、真ん中にきた138キロを振り抜くと、弾丸ライナーが落ちることなく左翼席へ飛び込み、この一打が勝ち越し3ランとなった。

 大下は白鴎大から育成ドラフト6位で入団したルーキー。14日に支配下登録の知らせを受けた際には、「フルスイングと勝負強さをアピールし、レギュラーに定着できるように頑張っていきます!」と意気込みを口にしていたが、記念すべきプロ初打席でその魅力が詰まったプロ初ホームラン。

 まずはバットで満点のプロデビューとなった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西