ニュース

広島、連続完投の大野雄攻め連敗ストップ!鈴木誠18号3ラン、九里4勝目

無断転載禁止
広島・九里亜蓮
2020.09.15 18:00
広島東洋カープ 6 終了 3 中日ドラゴンズ
マツダスタジアム
○ 広島 6 - 3 中日 ●
<16回戦・マツダスタジアム>

 広島が終盤に突き放し、9連戦の初戦を快勝。連敗を3でストップし、借金を9に減らした。

 この日は6連続完投中の大野雄大を相手に、打線が立ち上がりに猛攻。先頭の大盛穂が内野安打で切り込み、続く菊池涼介の中前打で一三塁にチャンス拡大。3番に入ったピレラが直球を叩いて右線へ適時二塁打を放ち先制すると、さらに4番・鈴木誠也が左中間スタンドへ弾丸3ランを放り込み、あっという間の4得点。初回から竜のエースを打ち崩し先手を取った。

 投げては先発の九里亜蓮が「なんとか投げ負けないように」と、走者を背負いながらも要所を締める力投。失点は6回にアルモンテに浴びたソロ弾による1点に抑え、6イニングで12個のゴロアウトを積み上げた。

 7回に2番手・中田廉が2被弾し1点差に詰め寄られたものの、売り出し中のケムナ誠が後続を断つ好救援。8回はセットアッパーの塹江敦哉が締め、直後に堂林翔太が試合を決定づける中越え2点打を放ち突き放した。

 9回はクローザーのフランスアがゼロで締めて、今季9セーブ目(1勝2敗)をマーク。6回(87球)を投げて、3安打、3四球、1失点の九里が今季4勝目(4敗)を手にした。


 敗れた中日は、大野雄大が2回以降は立て直したものの、5回に代打を送られ4回4失点で2連敗(5勝5敗)。投球数は今季最少の74球、開幕戦以来となる今季最短タイの4イニングでマウンドを降りた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西