ニュース

巨人・サンチェス、5回5失点 真中氏「5回まで投げられたのは良かった」

無断転載禁止
巨人・サンチェス (C) Kyodo News
2020.09.17 18:00
読売ジャイアンツ 0 終了 11 阪神タイガース
東京ドーム
● 巨人 0 - 11 阪神 ○
<16回戦・東京ドーム>

 巨人のサンチェスは5回5失点で3敗目を喫した。

 サンチェスは初回、先頭の近本光司にいきなり先頭打者本塁打を浴びると、陽川尚将に押し出し四球で2点を失う。2回にもサンズ、大山悠輔に適時打を打たれ、2回までに5失点。3回以降も走者を出しながらの投球も、スコアボードに0を入れ、なんとか5回まで投げた。

 17日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた真中満氏は「立ち上がり初球、近本にホームランにされたので、そこからバタバタした投球になってしまいましたよね。普段のサンチェスは空振りの取れる投球なんですけど、コントロールも苦しみましたし、ファウルで粘られるシーンが非常にありました。本来の投球ではありませんでしたね。ただ5回まで投げられたのはチームにとって良かったですね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM