ニュース

ヤンキース田中が今季最長7回3失点で3勝目!チームは8連勝

無断転載禁止
ブルージェイズ戦に先発したヤンキースの田中将大投手
○ ヤンキース 10 - 7 ブルージェイズ ●
<現地時間9月17日 ヤンキー・スタジアム>

 ヤンキースの田中将大投手が17日(日本時間18日)、本拠地で行われたブルージェイズ戦に先発登板。〇回〇安打〇失点ながら打線の援護もあり今季3勝目を手にした。

 田中は1回表、連続三振からの遊ゴロで三者凡退の立ち上がりを見せると、その裏に味方打線が2点を先制。続く2回表も三者凡退で終わらせた田中だったが、3回に先頭のグリエルに本塁打を打たれると、一死後に3連打を浴びて同点とされてしまう。それでも自身の好判断で走者を刺すなどしてピンチを切り抜けた。

 4回は再び三者凡退、するとその裏に打線が爆発する。3者連続を含むMLBタイ記録の1イニング5本塁打など、打者11人の猛攻で一挙7得点。大きな援護を受けた田中は5回、再び先頭のグリエルに2打席連続弾を許すも、後続を抑えて勝利投手の権利を得た。

 6回はわずか7球で三者凡退、7回は一死後に2打席連続で本塁打を許しているグリエルに二塁打を打たれたが、後続を打ち取り、この回限りでマウンドを降りた。田中は7回91球、7安打(2本塁打)5奪三振3失点で3勝目。3番手のホルダーが誤算で9回に追い上げを許したが、ブルージェイズ3連戦は全試合で二桁得点を奪うなど、打線活発なヤンキースが8連勝を飾った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西