ニュース

巨人・戸郷、5回6失点で4敗目 大矢氏「ランナーが出てから…」

無断転載禁止
巨人の戸郷翔征 (C) Kyodo News
2020.09.18 18:00
横浜DeNAベイスターズ 6 終了 0 読売ジャイアンツ
横浜
○ DeNA 6 - 0 巨人 ●
<13回戦・横浜>

 巨人の先発・戸郷翔征は5回6失点で4敗目を喫した。

 戸郷は2回に倉本寿彦に2点適時打を浴びると、3回には先頭の梶谷隆幸に150キロのストレートをレフト前に弾き返され、続くソトには146キロのストレートを二塁打にされ二、三塁とピンチを招く。

 ここで同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた大矢明彦氏は「ランナーが出てからのまっすぐの球速が落ちるんですよね。2回もそうでしたけど、(3回)ソトに対するまっすぐが146キロでしたから。立ち上がりは150キロを超えました。セットポジションになってから、ちょっとと捉えやすいという感じがあると思うんですよね。」と指摘していた。すると、直後にオースティンに3ランを食らい3回までに5点を失った。

 4回から走者がいないときにセットポジションで投げ、このイニングを三者凡退に抑えたが、5回は梶谷に一発を打たれた。結局、戸郷は5回を投げ8安打、5奪三振、6失点だった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM