ニュース

筒香、初三塁打含む7度目マルチ レイズは3連勝&貯金16で地区Vへ前進

無断転載禁止
3回に右越え三塁打を放ち、ロウの適時打で生還した筒香(右)
● オリオールズ 1 - 2 レイズ ○
<現地時間9月18日 オリオールパーク>

 レイズの筒香嘉智外野手(28)が18日(日本時間19日)、敵地で行われたオリオールズ戦に「1番・指名打者」で先発出場。メジャー挑戦後初の三塁打を放つなど今季7度目のマルチ安打を記録し、チームの3連勝に貢献した。

 前日17日(同18日)のオリオールズとのダブルヘッダー第1試合に続き、2日連続でスタメン1番に入った筒香。オリオールズの先発右腕・コブに対し、初回の第1打席は見逃し三振に倒れたが、再び先頭打者だった3回の第2打席にメジャー初となる右越え三塁打をマーク。一死後、3番・ロウの右前適時打で2点目のホームを踏んだ。

 5回の第3打席は三ゴロに倒れたが、7回は一死一塁の場面で救援左腕のフライから中前打をマーク。9回の第5打席は救援左腕・スコットの前に見逃し三振に倒れ、5打数2安打、1三振1得点の成績で打率は.200となった。

 すでにポストシーズン進出を決めているレイズは、投手陣が踏ん張り3連勝。貯金を16とし、ア・リーグ東地区優勝へのマジックを自力で5に減らした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西