ニュース

ヤクルト・小川がヒヤヒヤ9勝目 打線は上位揃い踏みの4本塁打など8得点

無断転載禁止
ヤクルト・小川泰弘
2020.09.20 18:30
東京ヤクルトスワローズ 8 終了 6 広島東洋カープ
神宮
○ ヤクルト 8 - 6 広島 ●
<14回戦・神宮>


 ヤクルトが劇戦を制し2カード連続の勝ち越し。先発の小川が完投目前で捕まり、9回途中6失点で降板したものの、今季9勝目(3敗)を手にした。

 打線は初回にド派手な先制攻撃を展開。高卒2年目の濱田太貴が2号先頭打者ホームランで口火を切ると、2番・青木宣親、3番・山田哲人も続いて、球団史上初の先頭打者から三連発。

 2回以降は相手先発・中村祐太の前にゼロが並んだものの、5回途中に中村が下半身の不調を訴えて降板すると、6回に8番・西田明央、2番・青木の適時打などで一挙4得点と鯉のリリーフ陣を攻め立てた。

 7回には4番・村上宗隆にも15号ソロが飛び出し、上位4人が揃い踏み。1~4番で4本塁打6打点を稼ぎ、右のエースを大量援護した。

 先発の小川は毎回のように走者を背負いながらも、要所を締める投球で8回まで二塁・山田の適時失策による1失点のみ。危なげないマウンドさばきで、あっさり完投勝利を手にするかと思われた。

 しかし9回、広島打線に連打を浴びて、9回表だけで7安打5失点。8回終了時点で7点あったリードは2点まで詰まり、ヤクルトベンチとしては“まさか”の守護神投入で逃げ切りに奔走する格好となった。

 小川は8回2/3(123球)を投じて11安打、無四球、3三振で6失点という内容で降板し、最後は石山がリードを守りきり今季11セーブ目(3勝2敗)。小川はヒヤヒヤの今季9勝目(3敗)となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西