ニュース

巨人の高卒2年目右腕・直江がプロ初白星目前で無念の降板

無断転載禁止
巨人・直江大輔(C) Kyodo News
2020.09.21 18:00
読売ジャイアンツ 10 終了 3 広島東洋カープ
東京ドーム

5回一死から連続四死球で交代


 巨人の高卒2年目右腕・直江大輔投手(20)が21日の広島戦に先発登板。4点をリードした状況でプロ初勝利の権利がかかる5回のマウンドに上がったが、一死後に四死球で一二塁としたところで降板となった。

 直江は初回、先頭の大盛穂にヒットを許すと2番・田中広輔に2ランを被弾してしまう。さらに一死後にもヒットを許したが後続を仕留めると、味方打線が毎回得点で援護。1回裏に岡本和真の適時打で1点を返すと、2回には松原聖弥の2号ソロで同点に。3回には一死満塁から丸佳浩の一ゴロの間に勝ち越した。

 さらに4回にも中島宏之の7号ソロ、吉川尚輝の適時打と坂本勇人の適時二塁打で3点を加え、4点のリードを持って5回を迎えた直江だったが、先頭の上本崇司を遊ゴロに打ち取ったあと、代打・正隨優弥にフルカウントから四球、続く大盛に死球を与え、交代が告げられた。

 結局、2番手の大江竜聖が四球を与えて一死満塁としたが、3番手・鍵谷陽平が3番・長野久義、4番・鈴木誠也を連続三振に斬ってとり、見事な火消しを披露した。直江はプロ最長となる4回1/3を投げて85球2失点という内容ながら、5回の連続四死球が悔やまれる結果となった。

 4点リードという状況もあり、原監督がベンチから出てくると球場はどよめき、直江はベンチで天を仰いだ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西