ニュース

DeNA、3連敗で借金1…オースティン特大3ランも9残塁、序盤の拙攻響く

無断転載禁止
DeNA・ラミレス監督
2020.09.22 14:00
阪神タイガース 6 終了 3 横浜DeNAベイスターズ
甲子園
○ 阪神 6 - 3 DeNA ●
<17回戦・甲子園>

 2位の阪神が逆転勝ち。3位のDeNAは3連敗となり、7月29日以来の借金生活となった。

 DeNAは初回、阪神先発・髙橋を攻め無死満塁の好機を作るも、4番・佐野、5番・宮崎が連続三振に倒れるなど無得点。4回も敵失などで一死一、三塁の好機を作ったが、8番・柴田が空振り三振、続く9番・坂本は投ゴロに倒れた。

 2点を追う5回、3番・オースティンの特大8号3ランで逆転するも、続く一死一、二塁の好機で7番・戸柱、続く柴田が凡退。リードを広げることはできなかった。

 先発の坂本は3回に1番・近本に先制2ランを浴びるも、3回以外は安定した投球で5回2失点で降板。しかし1点リードの6回、2番手の山﨑が一死から3連打を許し同点に追いつかれた。

 8回は2イニング目の3番手・石田が自らのミスなどで一死二、三塁のピンチを作り、3番・糸井に決勝点となる2点適時二塁打を右中間に運ばれた。石田は5番・大山にも中前適時打を許し計3失点。今季2敗目(1勝)を喫した。

 打線はオースティンが3ランを放った5回以外得点を奪えず、10安打を記録しながら計9残塁。序盤の拙攻が響く結果となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西