ニュース

佐々木氏、広島の2回の内野前進守備に…

無断転載禁止
広島・佐々岡監督
2020.09.23 18:00
読売ジャイアンツ 7 終了 3 広島東洋カープ
東京ドーム
○ 巨人 7 - 3 広島 ●
<15回戦・東京ドーム>

 23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた佐々木主浩氏が、広島の2回の失点について言及した。

 広島の先発・野村祐輔は先頭の丸佳浩に四球、中島宏之に右安を許した後、大城卓三に先制の適時二塁打を打たれる。なお、二、三塁とピンチは続き、広島内野陣は前進守備を敷く。

 これに佐々木氏は「前進守備を敷くとピッチャーがプレッシャーなんですよね。1点は仕方がないと思って、内野ゴロで1点を失っても2-0。一死三塁でピッチャーなので、2点で終わる可能性がある。抜けると1点取られてしまう。野手の間を抜ける確率が高くなるんですよね」と指摘。

 佐々木氏が予想したように、続く若林晃弘が放った当たりは通常の守備でいえば内野フライの打球も、ショートとレフトの間に落ちるヒットで失点した。

 佐々木氏は「こうなるんです。ファウルにしようと思ったんですけど、それが入って定位置だったら普通に捕れていますよね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM