ニュース

ロッテ・井上の走塁に枡田氏「スタートがよかった」

無断転載禁止
ロッテの井上晴哉[撮影日=2020年2月6日]
2020.09.24 18:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 3 終了 0 千葉ロッテマリーンズ
楽天生命パーク
○ 楽天 3 - 0 ロッテ ●
<18回戦・楽天生命パーク>

 TBCラジオ制作でニッポン放送でも放送された24日の『楽天-ロッテ戦』で解説を務めた枡田慎太郎氏は、4回のロッテ・井上晴哉の走塁について言及した。

 0-2の4回一死走者なしから井上が四球を選び出塁する。井上は続く菅野剛士の打席中に投手・松井裕樹が投じたフォークを捕手・下妻貴寛が前に弾くと、すかさず二塁へ進塁。

 枡田氏はこの走塁に「よく行きましたね。下妻もしっかり止めているんですけど、スタートがよかったですね」と評価した。

 荻野貴司、福田秀平、和田康士朗、加藤翔平といった俊足の選手だけでなく、井上のような体が大きい選手でも積極的に次の塁を狙っていく。楽天との3連戦は3連敗で終わったが、こういった姿勢がチーム内で浸透しているからこそ、今季は上位争いができているのだろう。

(提供:TBC POWERFUL BASEBALL)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM