ニュース

ロッテ、鷹との首位攻防第1R制し1差接近 2回に一挙5得点、柿沼ダメ押し打!

無断転載禁止
ロッテの福田秀平(C) Kyodo News
2020.09.25 18:00
千葉ロッテマリーンズ 7 終了 4 福岡ソフトバンクホークス
ZOZOマリン
○ ロッテ 7 - 4 ソフトバンク ●
<13回戦・ZOZOマリン>

 ロッテが首位攻防第1ラウンドを制し連敗を3でストップ。首位・ソフトバンクとのゲーム差を1に縮めた。

 ロッテは1点を追う2回、6番・角中、7番・井上の連打で無死一、三塁とし、続く藤岡の二ゴロをソフトバンク二塁・周東がファンブル。適時失策の間に1-1の同点に追いついた。なおも二死二、三塁と好機は続き、2番・福田秀の中前2点適時打で逆転。さらに4番・安田の中前適時打、5番・中村奨の左翼線適時二塁打で一挙5点のビッグイニングとした。1点差に迫られた8回は二死二、三塁とし、9番・柿沼が値千金の2点適時打を右前へ。リードを再び3点に広げた。

 先発の二木は6回までソロ被弾による1失点。しかし4点リードの7回、一死から一、二塁のピンチを招き、8番・髙谷に2点適時二塁打を浴び降板した。リリーフした唐川も1番・周東に左前打を浴びリードは1点差。それでも8回以降は澤村、益田が無失点リレーで逃げ切り、7回途中4失点の二木は5勝目(2敗)、益田は24セーブ目(2勝2敗)をマークした。

 ソフトバンクは終盤に追い上げるも、序盤の拙守と拙攻が響き引き分けを挟み5連敗。先発・ムーアは8回途中6失点(自責点2)で2敗目(3敗)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西