ニュース

ソフトバンク、序盤の拙攻拙守が響き今季初の5連敗…ロッテに1差に迫られる

無断転載禁止
ソフトバンクの工藤公康監督
2020.09.25 18:00
千葉ロッテマリーンズ 7 終了 4 福岡ソフトバンクホークス
ZOZOマリン
○ ロッテ 7 - 4 ソフトバンク ●
<13回戦・ZOZOマリン>

 首位攻防第1ラウンドはロッテが勝利。ソフトバンクは引き分けを挟み今季初の5連敗となり、2位のロッテに1ゲーム差に迫られた。

 ソフトバンクは2回、5番・デスパイネの5号ソロで先制。しかしその裏、先発のムーアが無死一、三塁のピンチを招くと、8番・藤岡の併殺コースのニゴロを二塁・周東がファンブル。適時失策で同点に追いつかれた。ムーアはその後、2番・福田秀に2点適時打を浴び逆転を許すと、4番・安田には中前適時打、5番・中村奨にも左翼線への適時二塁打を浴び一挙5失点。序盤で大量ビハインドを背負った。

 打線はロッテ先発・二木の前に6回まで1得点。計3併殺と拙攻が目立った。4点を追う7回、8番・髙谷が2点適時打二塁打を左中間へ運ぶと、1番・周東も左前適時打で続き1点差。しかし8回裏、2番手の松本が9番・柿沼に右前2点適時打を浴び、8回途中10安打6失点(自責点2)のムーアは2敗目(3勝)を喫した。

 ソフトバンクはまたも苦手のZOZOマリンで勝てずロッテ戦4連敗。今季の対戦成績はこれで3勝9敗1分けとなった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西