ニュース

慶大・木澤、6回無失点「0に抑えられたのは収穫」

東京六大学野球(神宮球場)
○ 慶大 3 - 0 東大 ●

 慶大の木澤尚文が東大戦に先発し、6回を投げ、98球、5安打、7奪三振、3四球、無失点に抑えた。

 木澤は「初戦の難しさだったり、東大戦の難しさは前々からわかっていました。ある程度ランナーが出るだろうなと想定して、マウンドに上がっていた。内容的には満足のいくピッチングではなかったですけど、バックが守ってくれて、何より0に抑えられたのは収穫かなと思います」と振り返った。

 また、次戦以降に向けては「個人の成績、ドラフトとかは後からついてくることだと思うので、今日のように内容がなかなかついてこなくても、0で抑えるというところで優勝に貢献したいと思います」と意気込んだ。

(取材=ニッポン放送アナウンサー大泉健斗)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM